梅干しやはちみつ梅干しで夏の病気リスクを回避しよう

たくさんあるお茶の産地

お茶

和菓子や茶菓子のお伴には、やはり日本茶が欲しくなるものでしょう。美味しい日本茶をお取り寄せして、おやつの際に飲み比べてみるのもオススメです。日本茶の産地といえば、静岡、鹿児島、福岡、京都、埼玉が有名です。これらの日本茶はブランド茶として、お取り寄せやギフトで選ばれることも多くあります。各地域の日本茶の特徴を知り、自分に合ったお茶探しをしてみるのも良いでしょう。お茶といえばと名前の挙がる静岡は、深蒸し煎茶やかぶせ茶、玉露、やぶ北茶などが扱われています。静岡茶の多くは、山間地で栽培され、気象条件が最適な環境で作られます。深蒸し煎茶など、苦みが少なく、まろやかな飲み心地のお茶で多くの人に愛されています。関東周辺で飲まれているのが、埼玉で採れる狭山茶です。寒い地域なので、摘み取りは1年に2回だけです。日本三大茶で、味の狭山としても有名です。長い歴史を持ち、日本三大茶として数えられているのが、この狭山茶と静岡茶、宇治茶になります。宇治茶は京都で採れる茶葉で作られており、お茶に詳しくない人でも、宇治抹茶などと名前を知っている人も多くいるでしょう。日本三大茶以外にも、お茶の生産量を誇るのが、静岡・鹿児島・三重です。生産数一位は静岡茶、第二位が鹿児島茶、第三位が伊勢茶となっています。玉露の生産数においては福岡がトップになっており、栽培地ごとに味やお茶の違いがあります。お取り寄せではさまざまな地域のブランド茶が注文できるので、飲み比べてみてはいかがでしょうか。